2018年06月15日

【130】“人家”の使い方



大家好!

中国語会話では“人家”という言葉がよく出てきますが、場合によって読み方と意味が異なります。

ちなみに以下の文章の「人家」は、どういう意味でしょう
・人家还不饿呀! Rénjia hái bú è ya!
・人家还想去逛个街呢。Rénjia hái xiǎng qù guàng ge jiē ne.

ここの“人家”は「私」の意味になります。発音はrénjia。後が軽声です。
ただしこの場合は、甘えたような言い方なので、女性と子供しか使えません。

130.gif


また、詩人杜牧が書いた《山行》には
“远上寒山石径斜,白云深处有人家。”という文もあって、
Yuǎn shàng hánshān shí jìng xiá, báiyún shēnchù yǒu rénjiā。
→「遠く寒山に上れば 石径斜めなり
白雲生ずる処 人家有り」
ここの“人家”は漢字の通り「人の家」の意味です。発音はrénjiā。

もう一つあって、同じくrénjiaと後を軽声に発音しますが、
意味はまったく違います。
・这个手机是桥本的,我用完后就还给人家了。
Zhège shǒujī shì Qiáoběn de, wǒ yòngwán hòu jiù huángěi rénjia le.

ここのrénjiaは「彼、彼女、あの人」となります。いわば“他”や“她”ですね。


この他にもう1つ“別人”(他の人)の意味になる場合もあります。
・日语有点儿难,人家能学会,我也能学会。
Rìyǔ yǒudiǎnr nán, rénjia néng xuéhuì, wǒ yě néng xuéhuì.

漢字で書くと同じですけど、文章によって、意味が全然違いますので、ご注意くださいね!

☆新発売『中国語学習シソーラス辞典』(朝日出版社)
http://amzn.to/2pnkiV3

☆☆番組が本になりました!『Podcastで学ぶ 中国語エピソード100』(同学社)
http://amzn.to/2pnd5nI

☆Podcast 『相原茂の中国語閑談』
https://itun.es/jp/e7Zn7.c

☆のぞいてね!
TECC公式ホームページ:http://www.tecc.jpn.com/


posted by 相原茂 at 05:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

【128】“几”と“多少”----量か点か



大家好!

“几”と“多少”はどう違いますか?どう使い分けますか?

教科書では大抵こんなふうに書いてあります。
“几” 10以下の数を予想してたずねる、後ろに量詞が必要。
“多少” 数に制限なし。量詞は用いなくても可

ただし、“几”は10をこえても、時間、日時を問うとき用いることができる。
なぜか。

以前の番組でご紹介した「頑固な言葉たち」で、
エレベータに乗って、すでに中に居るひとから「何階ですか?」と聞かれることがあります。中国語でいえば“要去几楼?”でしょう。
ところがここはタワーマンション、40階まである、なのに、“几楼”です。決して“要去多少楼?”とは言わないです。
なせか。

基本的には、日時と同じ理屈です。1階から40階までの限られた数のうちから一つの「点」を指定することで、これは、何時と訊ねて、1時から24時までの中から一つの時点を指定するのと同じ構造です。

つまり、量ではなく、「数であらわされる点を指示する」のです。

・君の住んでいるマンションは何階建て? [量]
你们的大楼有多少层?
・君は何階に住んでいるの? [点]
你住在几楼?

128.png

もう一つ、授業中、先生から「前回どこまですすんだ?」“上次学到第几页?”などという場合も同様です。ある限定された範囲の中から、ある一点を指示するわけです。
以上とは別に、
電話番号を尋ねるときは“你的电话号码是多少?”
車のナンバーや免許証、学生番号などもどうですね。一見無限定の数字の羅列がありますが、こういう場合は“多少”を使います。
明らかにこれまでのとは違い、限定的でなく、サイクル性も感じられず、私はこれを「識別番号は“多少”」と呼んでいます。



☆新発売『中国語学習シソーラス辞典』(朝日出版社)
http://amzn.to/2pnkiV3

☆☆番組が本になりました!『Podcastで学ぶ 中国語エピソード100』(同学社)
http://amzn.to/2pnd5nI

☆Podcast 『相原茂の中国語閑談』
https://itun.es/jp/e7Zn7.c

☆のぞいてね!
TECC公式ホームページ:http://www.tecc.jpn.com/


posted by 相原茂 at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

Podcastで学ぶ「中国語エピソード100」出版記念 イベントのご案内


☆☆☆ Podcastで学ぶ「中国語エピソード100」
          出版記念 イベントのご案内 ☆☆☆


Podcast「相原茂の中国語閑談」で配信した番組が書籍になりました!
Podcastで学ぶ「中国語エピソード100」が発売されます。
書籍発売にあたり、出版記念イベントを企画いたしました。
どうぞお気軽にご参加ください!

pod_cover.jpg

※書籍の概要※
タイトル:Podcastで学ぶ「中国語エピソード100」
出版社:同学社
著者:相原茂/朱怡穎
定価:本体1,836円(税込)
内容:
・ Podcast で配信された『相原茂の中国語閑談』の1年分を1冊に収録。
・ 中国語に関わるちょっとした疑問、文法のこぼれ話、
  さらに日中異文化にからむ話を講義形式で解説。
・ 音声はたっぷり12時間収録(MP3)

詳しくは: http://amzn.to/2pnd5nI



■■■ イベント その1 ■■■

皆さんで美味しい料理を囲み、楽しく歓談いたしましょう!
「中国語エピソード100」のご紹介と異文化テーマを幾つかピックアップしご紹介します!
今後制作予定のインバウンド教科書についてご案内致します! などなど

●日程:2017年6月2日(金曜日) 19:30〜22:00
●人数:限定40名
●場所:人気四川料理「芊品香」本店
住所:東京都千代田区飯田橋2-16-4 九段下コート1F
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130906/13189568/
●参加費および特典:おひとり5,000円
(現地でお支払頂きます。「中国語エピソード100」 を1冊差し上げます。
→ 食事はコース、飲放題付きを予定しております。
●お申込み:以下の通り、お手数ですがメールよりお申し込みください。
→ メール送付先: madoguchi@friendlyjp.com 
→ メール本文に、「出版記念 会食会に参加」とご記入ください。複数名でご参加の方は
その人数とそれぞれのお名前を記載ください。後日、担当者よりメールにて受付の連絡を致します。
   
※会食会のお問い合わせ※
  以下の通り、お電話またはメールにてお問い合わせください。
→ 電話の場合:03-6416-5505(平日10時〜18時)株式会社フレンドリージャパン
→ メールの場合:株式会社フレンドリージャパン 窓口メール(madoguchi@friendlyjp.com)から送信ください。


■■■イベント その2 ■■■

「中国語エピソード100」出版記念 セミナー
著者の相原茂先生、朱怡穎さんのお二人による、
「中国語エピソード100」の教材をつかった中国語文法や異文化、
語彙などについての解説、授業を実施します!
セミナーのあと、サイン会やフリートークの時間もご用意しています!

●日程:2017年6月18日(日曜日) 13:30〜15:00(13:00開場)
●人数:限定60名
●場所:東京都千代田区一番町10-8 5階「パズル一番町 会議室」
→ 当日はライブ受講も予定致します。詳しくは、「相原茂の中国語閑談」ブロブ
にてご案内致します。http://aiharamao.seesaa.net/
●参加費:おひとり2,500円
(現地でお支払頂きます。「中国語エピソード100」 を1冊差し上げます。
→ 既に書籍をお持ちの方は、書籍をご持参頂きますと、セミナー参加費1,000円のみ頂戴いたします。
●お申込み:以下の通り、お手数ですがメールフォームよりお申し込みください。
→ 中国語ドットコムサイトのお問い合わせ欄
https://chugokugo.com/contact/)にアクセス
→ 「お問い合わせ内容」欄に、「出版記念 セミナーに参加」とご記入ください。
複数名でご参加の方はその人数とそれぞれのお名前を記載ください。後日、事務局担当者よりメールにて受付の連絡を致します。
  
※セミナーのお問い合わせ※
  以下の通り、お電話またはメールにてお問い合わせください。
→ 電話の場合:03-3556-3336(平日10時〜18時)株式会社アンビシャス内 出版記念 イベント事務局
→ メールの場合:中国語ドットコムサイト内のお問い合わせ欄(https://chugokugo.com/contact/ )から送信ください。


以上、皆さまのご参加、お待ち申しております〜


posted by 相原茂 at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする