2020年01月30日

【162】中国の行政単位



日本の行政単位といえば,「都道府県」で、
「1都1道2府46県」などという言い方を聞いたことがあります。

中国ではどうですか。
これに相当する言い方はないが,われわれに親しいのは“省”shěngという単位だろう。
省は台湾をふくめ23があります。省レベルで中国の地図はほぼ覆い尽くせるが,それだけではないです。


162.jpg

 
まず自治区がある。少数民族の自治区で,次の5つです。
内蒙古自治区Nèiměnggǔ Zìzhìqū
宁夏回族自治区Níngxià Huízú Zìzhìqū
新疆维吾尔自治区Xīnjiāng wéiwú'ěr Zìzhìqū
西藏自治区Xīzàng Zìzhìqū
广西壮族自治区Guǎngxī Zhuàngzú Zìzhìqū

さらに4つの直轄市があります。
北京市Běijīngshì
上海市Shànghǎishì
天津市Tiānjīnshì
重庆市Chóngqìngshì

そして最後に特別行政区として,2つあります。
香港特别行政区Xiānggǎng Tèbié Xíngzhèngqū
澳门特别行政区Àomén tèbié xíngzhèngqū


 つまり,「自治区,省、直轄市,特別行政区」の4つが同一レベルでならぶわけです。
 日本のような「都道府県」にあわせればどんな言い方になりますか。是非,記憶のためにも考えて欲しいところだが,今のところないです。ともあれ,これが一級行政区です。(中国語では“省级行政区” shěngjí xíngzhèngqūという)
 この下にあるのが,市です。そして,市の下にあるのが県です。ここは日本と逆です。
県は市に含まれるのです。市の一部として県があります。
 市は二級行政区,そして県は三級行政区になって、では,県の下はなんでしょうか。
 ここで郷や鎮が四級行政区として登場します。郷鎮企業という言葉があるように,郷と鎮は同じレベルになります。
 ここまでが,正式な行政単位で,実は村はこの下になって、いわば五級レベルということになります。
 以上,大まかに述べてみたが,さらに「路」とか「社区」「街道」といった細かい単位もあります。
 朱さんに実家に手紙を書くと住所はどうなるか,聞いてみた。
中国 江蘇省 南通市 如東県 ××鎮 ○○路 マンション名 ○○号

参考:『聴く中国語』2019年12月号特集「中国の省・市・県・郷、大きいのは一体どれ?」


☆☆番組が本になりました!
『Podcastで学ぶ 中国語エピソード100』(同学社)
http://amzn.to/2pnd5nI

☆朝日出版社ウェブマガジン『あさひてらす』
 →中国文字謎 入門講座(相原茂)
  https://webzine.asahipress.com/categories/710
 →日中いぶこみ百景(相原茂)
  https://webzine.asahipress.com/categories/699




posted by 相原茂 at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

【160】“抱”と“搂”の違い




大家好
今回も類義語の話です。同じ「抱く」との意味を持つ“抱”と“搂”の違いを考えてみます。

辞書を引くと、このように書いてあります。

◇“抱”
[動](両手で)かかえる、抱く、抱きかかえる.

160-1.jpg

◇“搂”
[動]抱く.抱きしめる.手をまわして抱擁する.

160-2.jpg


これでは違いがよくわかりませんね。次の例文を見て見ましょう。
爸爸左手抱着女儿,右手搂着儿子。Bàba zuǒshǒu bàozhe nǚ'ér,yòushǒu lǒuzhe érzi.
お父さんは左手で娘を抱き、右手で息子の肩に手を回している。

つまり、“抱”は 腕でつつむように抱きかかえることを表しています。その場合,対象の重さを受けとめ支え持つことが多いです。赤ちゃんを抱いている図ですね。
・抱着孩子bàozhe háizi
・抱着书包bàozhe shūbāo

“搂”は 腕を回して自分のほうへ抱き寄せることを表しています。対象の重さを支えることはなく,対象物との接触面積もすくないですね。
 ・搂着女朋友lǒuzhe nǚpéngyou

それと意味が似ている「手で持つ」を表す中国語もいくつかあります。簡単な意味を添えておきますが、これらもゆるやかな類義語関係にあります。
“抓” [動]つかむ握る。
“提” [動](手に)提げて持つ、ぶら提げる。
“拿” [動](手で)持つ、取る。
“带” [動]携帯する、身につけて持つ、携える。
“端” [動](手で物を水平に)持つ。


☆☆番組が本になりました!
『Podcastで学ぶ 中国語エピソード100』(同学社)
http://amzn.to/2pnd5nI

☆朝日出版社ウェブマガジン『あさひてらす』
 →中国文字謎 入門講座(相原茂)
  https://webzine.asahipress.com/categories/710
 →日中いぶこみ百景(相原茂)
  https://webzine.asahipress.com/categories/699


posted by 相原茂 at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

【159】“方言”と“普通话”




現在、中国の日常会話で使っている言葉、それは正統の“普通话”と思うでしょうが、
実は、“方言”からきている語彙も結構あります。


●单车
 こちらは広東語“粤语”Àoyǔに由来しています!自動車のような交通手段とくらべて、自転車の車輪は片方しかないので、“单车”との言葉が生まれました。
【单车】 dānchē [名][方]自転車.

●外婆
“外婆”は方言ですか!びっくりする中国の南方人が多いと思います。
 『現代漢語辞典』で調べたら、確かに、<方>の表示があります。同じ意味を表す標準語は“姥姥”といいます。これはご存知ですよね。なお,母方の祖父は方言では“外公”,標準語では“姥爷”ですね。
【姥姥】 lǎolao  [名][口]母方の祖母、外祖母、おばあさん
【外婆】 wàipó  [名][方]母方の祖母、外祖母

●唠嗑
こちらは中国東北地方の方言です。
【唠嗑】 lào//kē  [動][方]世間話をする、むだ口をたたく.

●塞车
こちらは広東語の方言です。標準語なら“聊天儿”というところです。
【塞车】 sāi//chē [動][方]車が渋滞する.

●买单
もともと“埋单”máidānと言います。こちらも広東語の方言です。
【买单】 mǎidān [動][方]支払いをする、勘定を支払う.


159-3.png


☆☆番組が本になりました!
『Podcastで学ぶ 中国語エピソード100』(同学社)
http://amzn.to/2pnd5nI

☆朝日出版社ウェブマガジン『あさひてらす』
 →中国文字謎 入門講座(相原茂)
  https://webzine.asahipress.com/categories/710
 →日中いぶこみ百景(相原茂)
  https://webzine.asahipress.com/categories/699





posted by 相原茂 at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。