2019年10月12日

【156】中国の諺 日本の諺



大家好!

諺は中国語では“俗话”súhuà,あるいは“谚语” yànyǔという。日本も中国も人が暮らす社会だから,似たようなものが少なくない。また中国から取り入れたものもある。しかし,全く同じではなく,微妙に異なる。例えば,「朱に交われば赤くなる」,中国語ではこうなる。

 近朱者赤,近墨者K。Jìn zhū zhě chì, jìn mò zhě hēi.
 中国のは後ろに「墨に近づけば黒くなる」がくっついている。赤と黒が対になっている。意味も違う。日本では「悪い人と付き合うと悪くなる」だが,中国は「良い人に近づけば良い影響を受け,悪い人と付き合えば悪い影響を受ける」だ。つまり,人はその付き合う人によって良くも悪くもなる,と言う。中国はどちらもありだ。

次も似ている。日本はやはり前半だけだが,中国は後半に続く。
 临阵磨枪,不快也光。Lín zhèn mó qiāng, bú kuài yě guāng.
 戦いに臨んで槍を磨く,切れ味はあまりよくないがそれでも光る。つまり,試験前の一夜漬けでも多少は役に立つと言う。「泥縄式」でも役に立つと主張する。日本語「泥縄式」と微妙に違う。

 “亡羊补牢”もそうだ。これも後に“未为晚”と続く。
 亡羊补牢未为晚。Wáng yáng bǔ láo wèi wéi wǎn.
羊が盗まれてから囲いを補修する,それでも遅くないと言う。

156.jpg

 なんだか中国のほうが前向きで楽観的だ。次もそうだ。
 种瓜得瓜,种豆得豆。Zhòng guā dé guā, zhòng dòu dé dòu.
瓜を植えれば瓜が育ち,豆を植えれば豆が出来る。つまり,「努力に見合った成果があがる」ということだ。ここには「因果応報,悪いことをすれば報いがある」との意味も含まれる。
 
これは中国語が対を重んじ,結果として,善悪,正反,得失など,物事を複眼的に眺めているためではあるまいか。二つの眼で,両方を平等に取り上げている。そういう意味では,次のようなものも優れて中国的と言えるだろう。
  公说公有理,婆说婆有理。
  Gōng shuō gōng yǒu lǐ, pó shuō pó yǒu lǐ.
舅は自分に道理があるといい,姑は自分が理にかなっているという。それぞれ自分が正しいと主張する。最近の国家間の外交論戦のようだ。


☆☆番組が本になりました!
『Podcastで学ぶ 中国語エピソード100』(同学社)
http://amzn.to/2pnd5nI

☆朝日出版社ウェブマガジン『あさひてらす』
 →中国文字謎 入門講座(相原茂)
  https://webzine.asahipress.com/categories/710
 →日中いぶこみ百景(相原茂)
  https://webzine.asahipress.com/categories/699


posted by 相原茂 at 15:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: