2019年07月05日

【150】静態と動態




この間、「抽象VS具体」の番組で、“很有”の使い方もすこし紹介しました。
“很有钱”“很有前途”“很有本事”などのように、後ろに来る言葉は抽象的な言葉が多いのでした。


恐らく、“很”は形容詞と一緒にしか使わないと思う学習者が多いと思います。
実は、形容詞以外、動詞とも使えます!
今回、「静態と動態」という観点から、“很”の使い方をマスターしましょう!

■“很”+ 形容詞
 これは形容詞述語文でよく習いましたね!
 ・很贵hěn guì
・很聪明hěn cōngming
・很漂亮hěn piàoliang
・很时尚hěn shíshàng

■“很”+ 助動詞
 ・很想〜hěn xiǎng〜
 ・很可能〜hěn kěnéng〜

■“很”+ 心理状態を表す動詞
 ・很愿意hěn yuànyì
 ・很喜欢hěn xǐhuan

150.jpg

■“很”+ 抽象的意味の動詞
 ・很有钱hěn yǒu qián
・很懂事hěn dǒngshì
・很感兴趣hěn gǎn xìngqu


ここまで挙げた動詞は、共通点が一つあり、“很”の後ろに付く言葉は「静態」の言葉となります。
「動態」の言葉、「食べる」「飲む」になると、使えません。

もし、動態動詞と使いたい場合、動詞の前に助動詞や心理状態の動詞を入れてください。
(×)很滑雪hěn huáxuě
(○)很喜欢滑雪hěn xǐhuan huáxuě 很想滑雪hěn xiǎng huáxuě


もう一つ「静態と動態」に関する事例があります。それは
「否定詞“不”と前置詞フレーズの位置関係」です。

「彼と離婚しない」
中国語で言うと、“不跟他离婚” bù gēn tā líhūn。否定詞“不”はよく介詞の前に置きます。
「彼と結婚しない」も同じで,否定詞“不”はよく介詞の前に置きます。“不跟他结婚”です。
(“跟他不结婚”も言いますが、こういうときの“结婚”は動態動詞ではなく、静態の「状態」として使っています。すなわち「結婚という状態ではない→同居している」)

つまり、静態言葉の場合、否定詞“不”は介詞の前ではなく、静態言葉の前に置きます。
例えば、
(○)离这儿不远lí zhèr bù yuǎn
(×) 不离这儿远
他の言葉でも試してみてください。


☆☆番組が本になりました!
『Podcastで学ぶ 中国語エピソード100』(同学社)
http://amzn.to/2pnd5nI

☆『中国語学習シソーラス辞典』(朝日出版社)
http://amzn.to/2pnkiV3

☆Podcast 『相原茂の中国語閑談』
https://itun.es/jp/e7Zn7.c

☆のぞいてね!
TECC公式ホームページ:http://www.tecc.jpn.com/


posted by 相原茂 at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: