2018年07月27日

【133】桌子上[是]一本书



大家好!

中国語で、存在を表すときに、動詞の“有”を使います。

「机の上に本一冊があります。」
桌子上 有 一本书。

ただし、“有”の代わりに“是”が入っている存在を表す文も聞いたことがあるでしょう。

例えば、

桌子上 是 一本书。

では、上記の2文はどこが違いますか?
“是”文 の情報量は “有”文 より多いです。
A. 机の上に、一冊の本があること <これは“有”と同じ>
B. 机の上に、ほかではなく、一冊の本しかないこと。


133.jpg


もう一つ、注意点があります。
“有”文では、目的語の位置に置かれる存在物は,「不特定の」「未知の」物です。

(×)马路对面有我们的学校。
(○)马路对面有一个学校。

一方、“是”文には、特定の目的語でも問題ありません。
(○)马路对面是我们的学校。



☆新発売『中国語学習シソーラス辞典』(朝日出版社)
http://amzn.to/2pnkiV3

☆☆番組が本になりました!『Podcastで学ぶ 中国語エピソード100』(同学社)
http://amzn.to/2pnd5nI

☆Podcast 『相原茂の中国語閑談』
https://itun.es/jp/e7Zn7.c

☆のぞいてね!
TECC公式ホームページ:http://www.tecc.jpn.com/


posted by 相原茂 at 05:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: