2017年04月07日

【090】“吗”疑問文と反復疑問文



大家好!
文末に“吗”をつける「“吗”疑問文」と,述語の肯定と否定とを並べる「反復疑問文」がありますが,この二つの疑問文、中国語を勉強し始めの頃、きっと習われたでしょう。

「あなたは行きますか?」
→“吗”疑問文:你去吗?Nǐ qù ma?
反復疑問文:你去不去?Nǐ qù bu qù?

「あなたは食べますか?」
→“吗”疑問文:你吃吗?Nǐ chī ma?
反復疑問文:你吃不吃?Nǐ chī bu chī?

では、この2種類の疑問文、違いはどこにあるのでしょう。

その一つは、反復疑問文のほうは「行くのか,それとも行かないのか,どちらかに決断を迫る」ところにあります。日本語でも「行くのか,行かないのか,はっきりしろ!」等と言いますが,そういうニュアンスがあるのです。

ですから,たとえば、文中に副詞“到底”dàodǐがある場合、これは「一体全体」という意味で,どちらか選択を迫る意味がありますから,
「あなたは一体全体,結局のところ来ますか来ませんか」という意味を表すには,
“你到底来不来?”Nǐ dàodǐ lái bu lái?
のように反復疑問文の形をとるのが自然です。

副詞の“究竟”jiūjìngもそうです。“到底”と似た意味をもっていますから,後ろに続くのは反復疑問文です

選択を迫る意味合いがありますから,反復疑問文を使う相手は同輩か目下に限られる傾向があります。上司や目上にはあまり使われません。

ところで副詞があったら、必ず反復疑問文を使うわけではありません。“到底”や“究竟”のように「一体全体,結局のところ」といった選択を迫る語義を持つのをのぞけば,実は、普通の副詞“也”yěや“都”dōu,“才”cáiなどは,反復疑問文にはしません。
例えば、
×你也来不来?
○你也来吗?

“你也来不来?”は何故言わないのか,この問題に関しては『中国語学習Q&A101』(相原茂他,大修館書店)というQ&Aを扱った本があります、その中に詳しい説明があるので,興味の有る方はご覧ください。

90.jpg

言語において,似たことを表す,二つの異なる形式があるということは,微妙に意味が違うとか,用法が異なるといった差が,必ずあるのですね。


下周見♪

お知らせ:

☆☆ 2017 TECCスコアアップ連続セミナー開催!! ☆☆
申込み受付中です。詳しくは以下のチラシをご覧ください(PDFファイル)。
http://chugokugo.com/static/2017.pdf

直接お申込みを頂く場合、その他お問合わせは、TECC連続セミナー事務局
(TEL:03-3556-3336)へご連絡ください。※平日10時〜18時



☆新発売『中国語類義語辞典』(朝日出版社)
http://www.asahipress.com/bookdetail_lang/9784255008417/

☆知っておきたい『中国語のコロケーション999』(朝日出版社)
http://www.asahipress.com/bookdetail_lang/9784255008042/

☆Podcast 『相原茂の中国語閑談』
https://itun.es/jp/e7Zn7.c

☆のぞいてね!
TECC公式ホームページ:http://www.tecc.jpn.com/


posted by 相原茂 at 06:00| Comment(0) | 中国語閑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: