2016年11月25日

【074】いぶこみシリーズ 「信用社会と実証社会」



大家好!

「いぶこみシリーズ」の6回目です。

中国にはこういう諺があります。

“人善被人欺,马善被人骑。”Rén shàn bèi rén qī , mǎ shàn bèi rén qí.
「お人好しだと人にだまされる、馬がおとなしいと人に乗られる。→あまりに善良で人を疑わないとだまされる。」

カンタンに一言でいうと、「騙されるほうが悪い」!中国では、そういう考え方もあります。
人はあまりに善良で疑うことを知らないと騙される。しかも,騙される方がマヌケで、あまり同情されない,というのです。

日本で長く住んでいる中国人,自然と人を信用するようになります。ですから,よくこんなことが起こります。中国の知り合いから買い物の依頼がきます。日本の薬とか何かを頼まれる。知り合いからの頼みですから,時間と精力と自分のお金を使って,送ってあげます。それっきり,なかなかお金を振り込んでくれないですね。

ただし、中国にはもう一つの諺もあります。
“傻人有傻福。” Shǎ rén yǒu shǎ fú.
「正直な人には、おのずから神の加護がある」、これはまあ騙された自分自身を慰めることばですね。

また、中国で、バスや鉄道、遊園地の子ども料金はどうやって決めるか、ご存知ですか。背の高さです!!
入り口のところに、1.2とか1.3メートルの高さに横線を引き、そこで背を測ります。横線を超えなければ無料(もしくは子ども料金)です。線を超えれば大人料金です。
口での申告を信じない、学生証などの証明書も信じなく、目の前の事実を信じるわけです。


中国人が日本に来て、アルバイトをするときに履歴書を書きます。ところが日本では「履歴書に添えるもの」が無いことにびっくりします。


74.jpg

日本では履歴書に、その内容を証明するもの、例えば卒業証書などはつけません。書かれてあることにウソはないと信じていますから。中国だと卒業証書を絶対つけないといけないですね。日本語能力試験1級とか、TOEFLのスコアなど、認定証を添えるのが常識のようです。ところが、証書自体も偽物が多いため、提出したものが本物かどうか鑑定されます。

中国では個人の利益を最優先に考える人が多いです。それが活力になっているのですが,
自分の利益ばかり考えたら、いつまでたっても他人に対する誠意や信用は生まれてこないですね。



中国語に関する疑問がありましたら、
下記のURLより質問を送ってくださいね!!!
皆さんの投稿を待っています〜
http://www.tecc.jpn.com/contact/index.html

下周見♪



☆新発売『中国語類義語辞典』(朝日出版社)
http://www.asahipress.com/bookdetail_lang/9784255008417/

☆知っておきたい『中国語のコロケーション999』(朝日出版社)
http://www.asahipress.com/bookdetail_lang/9784255008042/

☆Podcast 『相原茂の中国語閑談』
https://itun.es/jp/e7Zn7.c

☆のぞいてね!
TECC公式ホームページ:http://www.tecc.jpn.com/


posted by 相原茂 at 06:00| Comment(0) | 中国語閑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: