2018年10月05日

【137】“出事”と“有事”



大家好!
今回も混乱しやすい言葉“出事”と“有事”の意味と使い方を紹介します。

そもそも、日本語の中にも「有事」という言葉があって、
「戦争や事変など、非常の事態が起こること」という意味です。

では、日本語の「有事」と中国語の“有事”は同じ意味ですか。

違います! 「出来事」」の重さ・重要さが全然違います。
日本語の「有事」を「ゆうじ」と読めば,中国語の“出事”とまだ近いかもしれません。

こういう例があります:
・他家里出事了,请了两周的假。
・他家里有事,请了两天的假。

“出事”と“有事”によって、休み期間の長さが違いです。“出事”は大変なことが起きたのです。それにたいして “有事”はちょっとした用事ができたのです。

・“有事”(組)
 「用がある.」という意味です。

137.png


・“出事”(動)
「事故が発生する.事故を起こす.事が起きる.」という意味です。
例:出事了打110! Chūshì le dǎ yāo yāo líng!

もう一つ、“没事”がありまして、
これは“有事”の否定・反対語として使います。



☆新発売『中国語学習シソーラス辞典』(朝日出版社)
http://amzn.to/2pnkiV3

☆☆番組が本になりました!『Podcastで学ぶ 中国語エピソード100』(同学社)
http://amzn.to/2pnd5nI

☆Podcast 『相原茂の中国語閑談』
https://itun.es/jp/e7Zn7.c

☆のぞいてね!
TECC公式ホームページ:http://www.tecc.jpn.com/


posted by 相原茂 at 15:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする