2016年11月08日

【072】いぶこみシリーズ 「言い訳をしていいわけ?」




大家好!

「いぶこみシリーズ」の4回目です。

中国人が遅刻した場合、
待ち合わせ場所に急ぎながら頭の中では必死に言い訳を考えます。
ところが、日本人は一言「ごめん」と言ってもらい、早く今日の活動に移りたい。

それなのに、「実は……」と、中国人はこと細かくいいわけを始めます。

为什么???

中国人は決して「あなたの面子をつぶすような理由で遅れたのではない」と一生懸命に説明しているのです。
それなのに何故日本人が怒り出すのか分からないのです。

1.png

もう一つ、中国人に誘われて断るときですが、
「その日はちょっと……、ごめん」式の言い方であっさり断ってたら、
相手は「この人は私と付き合いたくないんだ」と解釈するかもしれません。
これでは何も理由を言ってないからです。本当は理由がないんだ、理由があるなら事細かく言うはずだ。中国人はそう考えます。

中国人はちゃんとした理由を言います。例えば,
「母が病院にゆくので、付き添わないといけないので」、「その日は、3時にどうしても断れない仕事関係の商談があります」などと、かなり突っ込んだプライベートなことまで言います。


退職の場合もそうです。
日本には「一身上の都合」という中身の空っぽな言い方があり,よく使われています。
中国人はこのことばだけで、今までの付き合いを終わらせるのは忍びなく、こんな空虚な理由では言われたほうもとても理解できないでしょう。
中国は人脈社会ですので、人と人の関係を大変大事にする民族性があります!


中国語に関する疑問がありましたら、
下記のURLより質問を送ってくださいね!!!
皆さんの投稿を待っています〜
http://www.tecc.jpn.com/contact/index.html

下周見♪


☆新発売『中国語類義語辞典』(朝日出版社)
http://www.asahipress.com/bookdetail_lang/9784255008417/

☆知っておきたい『中国語のコロケーション999』(朝日出版社)
http://www.asahipress.com/bookdetail_lang/9784255008042/

☆Podcast 『相原茂の中国語閑談』
https://itun.es/jp/e7Zn7.c

☆のぞいてね!
TECC公式ホームページ:http://www.tecc.jpn.com/

posted by 相原茂 at 19:06| Comment(0) | 中国語閑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする