2016年10月27日

【070】いぶこみシリーズ 「恩のやりとり」



大家好!

「いぶこみシリーズ」の第2回目です。
前回は「おごるか、おごられるか」の話をしました、そのやりとりで、「恩」が生まれます。おごられたら、「恩」を受け;次はおごって、「恩」を返します。


ただし、「恩」を返すタイミングは日中で違います。

こんなことがありました。
中国人留学生が日本人と郊外に遊びに行き、たくさん撮った写真を現像して日本人にあげました。もちろんお金なんか取りません。
翌日、日本人が「これ昨日のお礼」、そう言ってハンカチをあげました。
中国人は驚きました。「この人は私との関係を清算したいのでしょうか。それも一枚のハンカチで、私は嫌われているでしょうか」

なぜ、この中国人留学生がそう思うのでしょうか?
中国では、「恩を返す」のは、すぐに返すのではなく、しばらく時間をおいて、適当なタイミングで返します。
逆に、日本人は常に貸し借りなし、プラスマイナスゼロの状態で、心の平安を得ます。今日、お隣さんから「田舎から送ってきたから」とリンゴをもらえば、明日には「これ食べきれないから、よかったら」と何かをお返します。すくなくとも、何かをすぐに返したい気分に駆られます。

もう一つ、ハンカチを返したというのも問題です。中国人にとってハンカチとは涙と鼻水を拭くものです。あなたにはこれから悲しいことが訪れる。これを使って涙を拭きなさい,そんな意味合いがあるのです。ですからハンカチを贈り物にしません。



また、贈答についても、日中は違います。

日本は贈答を形式化しました。お中元があり、お歳暮があって、贈るに時期があります。贈るモノも、金額の下限、上限がほぼ決まっています。
さらに,日本には半返しの習慣があります、半返しされて中国人は驚きます。

中国は必要に応じて贈答します。大きな違いは,もらったものよりも大きく返すことです。例えば、結婚式で1000元をもらいました、次回友達に返すときに、ちょっと足して1200元を返します。プラスマイナスゼロはなくて、プラスにして返すのです。すると相手もまたプラスにして返しますから,ずっとこの関係が続くわけです。

70.jpg


ご馳走になったその後、
食事をご馳走になって、中国人はその場で「今日はありがとう」とお礼を言います。日本人だと次に会った時「この間はご馳走様」ともう一度ぐらいお礼を言いますが、中国人はもう済んでいると考え言わないです。一つは他人行儀で水くさいからで(太见外了)、一つはまたご馳走してくださいと催促しているように取られるからです。


「恩のやりとり」、日本はすでに形式化され,常にプラマイゼロを目指しているので,かなり楽だと思います。
中国はあげる人のことやあげるタイミング、金額などいろいろ考えて贈り物をしますから、中国のほうが臨機応変,大変です。


中国語に関する疑問がありましたら、
下記のURLより質問を送ってくださいね!!!
皆さんの投稿を待っています〜
http://www.tecc.jpn.com/contact/index.html

下周見♪


☆新発売『中国語類義語辞典』(朝日出版社)
http://www.asahipress.com/bookdetail_lang/9784255008417/

☆知っておきたい『中国語のコロケーション999』(朝日出版社)
http://www.asahipress.com/bookdetail_lang/9784255008042/

☆Podcast 『相原茂の中国語閑談』
https://itun.es/jp/e7Zn7.c

☆のぞいてね!
TECC公式ホームページ:http://www.tecc.jpn.com/


posted by 相原茂 at 22:49| Comment(0) | 中国語閑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする