2019年11月14日

【158】中国の比喩




中国の小説を読むと、「比喩」の修辞技法がたくさん使われています。
これを使うことで、表現がさらに生き生きしています。

ただし、時には、日本人と中国人の生活習慣、考え方が違いますので、比喩表現も全然違います。

例えば、「突然のことにびっくりした!」を表す比喩表現ですが、
日本語では「鳩が豆鉄砲を食ったよう」と表現しますが、中国語では“他的眼睛睁得像鸡蛋”と表現します。それぞれ身近なことで表現しているところがなかなか面白いですよね。

今回は、中国の比喩表現をいくつか紹介します。

@ 急得像热锅上的蚂蚁。Jíde xiàng règuō shang de mǎyǐ.
A 他投了几份简历,都是石沉大海。Tā tóule jǐ fèn jiǎnlì, dōu shì shí chén dà hǎi.
※実は、中国の四字成語には比喩もよく使われています。
  たとえば、
   胆小如鼠dǎn xiǎo rú shǔ
   归心似箭guī xīn sç jiàn
   爱财如命ài cái rú mìng

B 他像一张白纸一样单纯,没有工作经验。Tā xiàng yì zhāng báizhǐ yíyàng dānchún, méiyou gōngzuò jīngyàn.

C 那些小姐,个个长得嫩豆腐似的。Nàxiē xiǎojie, gègè zhǎngde nèndòufu shìde.

D 他摇头摇得像拨浪鼓似的。Tā yáotóu yáode xiàng bōlànggǔ shìde.

158.jpg

E 她说起话来像放机关枪。Tā shuōqǐ huà lái xiàng fàng jīguānqiāng.

F 公司需要的是人才,不是花瓶。Gōngsī xūyào de shì réncái, bú shì huāpíng.


☆☆番組が本になりました!
『Podcastで学ぶ 中国語エピソード100』(同学社)
http://amzn.to/2pnd5nI

☆朝日出版社ウェブマガジン『あさひてらす』
 →中国文字謎 入門講座(相原茂)
  https://webzine.asahipress.com/categories/710
 →日中いぶこみ百景(相原茂)
  https://webzine.asahipress.com/categories/699


posted by 相原茂 at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

【157】フレーズ 謝罪のことば



中国語で「すみません」と人に謝る時、最初に習ったのは“对不起”duìbuqǐですね。

日本語でも、場面によって、事態によって、使う謝罪言葉がそれぞれ違います。
特に日本語の「すみません」は謝罪の意味もあり、感謝の意味もありますから,ここは要注意です。

今回は、「謝罪」に関する中国語のさまざまなフレーズをまとめてみました。

对不起。Duìbuqǐ.
非常抱歉。Fēicháng bàoqiàn.
实在抱歉。Shízài bàoqiàn.
这都怪我。Zhè dōu guài wǒ.
这都是我不好。Zhè dōu shì wǒ bù hǎo.
请你多原谅。Qǐng nǐ duō yuánliàng.
请原谅我。Qǐng yuánliàng wǒ.
请多多原谅。Qǐng duōduō yuánliàng.
我向你道歉。Wǒ xiàng nǐ dàoqiàn.
都是我的错儿,请你原谅。Dōu shì wǒ de cuòr, qǐng nǐ yuánliàng.

そして、軽めの「すみません」や英語の「excuse me」は中国語で、“不好意思”bù hǎoyìsi と言います。
謝罪の気持ちを強めたい時には、下記のように、程度副詞を追加すればよいでしょう。

真的不好意思。Zhēnde bù hǎoyìsi.
实在不好意思。Shízài bù hǎoyìsi.

157.gif


☆☆番組が本になりました!
『Podcastで学ぶ 中国語エピソード100』(同学社)
http://amzn.to/2pnd5nI

☆朝日出版社ウェブマガジン『あさひてらす』
 →中国文字謎 入門講座(相原茂)
  https://webzine.asahipress.com/categories/710
 →日中いぶこみ百景(相原茂)
  https://webzine.asahipress.com/categories/699


posted by 相原茂 at 11:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

【156】中国の諺 日本の諺



大家好!

諺は中国語では“俗话”súhuà,あるいは“谚语” yànyǔという。日本も中国も人が暮らす社会だから,似たようなものが少なくない。また中国から取り入れたものもある。しかし,全く同じではなく,微妙に異なる。例えば,「朱に交われば赤くなる」,中国語ではこうなる。

 近朱者赤,近墨者K。Jìn zhū zhě chì, jìn mò zhě hēi.
 中国のは後ろに「墨に近づけば黒くなる」がくっついている。赤と黒が対になっている。意味も違う。日本では「悪い人と付き合うと悪くなる」だが,中国は「良い人に近づけば良い影響を受け,悪い人と付き合えば悪い影響を受ける」だ。つまり,人はその付き合う人によって良くも悪くもなる,と言う。中国はどちらもありだ。

次も似ている。日本はやはり前半だけだが,中国は後半に続く。
 临阵磨枪,不快也光。Lín zhèn mó qiāng, bú kuài yě guāng.
 戦いに臨んで槍を磨く,切れ味はあまりよくないがそれでも光る。つまり,試験前の一夜漬けでも多少は役に立つと言う。「泥縄式」でも役に立つと主張する。日本語「泥縄式」と微妙に違う。

 “亡羊补牢”もそうだ。これも後に“未为晚”と続く。
 亡羊补牢未为晚。Wáng yáng bǔ láo wèi wéi wǎn.
羊が盗まれてから囲いを補修する,それでも遅くないと言う。

156.jpg

 なんだか中国のほうが前向きで楽観的だ。次もそうだ。
 种瓜得瓜,种豆得豆。Zhòng guā dé guā, zhòng dòu dé dòu.
瓜を植えれば瓜が育ち,豆を植えれば豆が出来る。つまり,「努力に見合った成果があがる」ということだ。ここには「因果応報,悪いことをすれば報いがある」との意味も含まれる。
 
これは中国語が対を重んじ,結果として,善悪,正反,得失など,物事を複眼的に眺めているためではあるまいか。二つの眼で,両方を平等に取り上げている。そういう意味では,次のようなものも優れて中国的と言えるだろう。
  公说公有理,婆说婆有理。
  Gōng shuō gōng yǒu lǐ, pó shuō pó yǒu lǐ.
舅は自分に道理があるといい,姑は自分が理にかなっているという。それぞれ自分が正しいと主張する。最近の国家間の外交論戦のようだ。


☆☆番組が本になりました!
『Podcastで学ぶ 中国語エピソード100』(同学社)
http://amzn.to/2pnd5nI

☆朝日出版社ウェブマガジン『あさひてらす』
 →中国文字謎 入門講座(相原茂)
  https://webzine.asahipress.com/categories/710
 →日中いぶこみ百景(相原茂)
  https://webzine.asahipress.com/categories/699


posted by 相原茂 at 15:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする