2019年06月06日

【148】抽象vs具体



前回の続き、今回も類義語の話です。

日本語「貴重」は、中国語に訳すと、
“宝贵”bǎoguì と“珍贵” zhēnguì の2つあります。

〔宝贵〕非常に得がたく大切である.抽象的事物に使います。
・宝贵的意见bǎoguì de yìjiàn
・宝贵的时间bǎoguì de shíjiān
・宝贵的生命bǎoguì de shēngmìng
・宝贵的经验bǎoguì de jīngyàn

〔珍贵〕まれにしかなく珍しい.多く具体的事物に使います。
・珍贵的动物zhēnguì de dòngwù
・珍贵的邮票zhēnguì de yóupiào
・珍贵的书zhēnguì de shū
・珍贵的礼物zhēnguì de lǐwù

ポイントは、後ろに続く言葉が「抽象的なモノ」か「具体的なモノ」かです。

また、もう一つ、“很有钱”という言い方がありますが,“很有〜”の後に来るのはやはり抽象的なモノ
です。ここでは“钱”がきていますが,ここの“钱”は具体的な「お札」ではなく、抽象的な「財産」と考えるべきです。
 ほかの例を調べてみると納得できるでしょう。

148.jpg


例えば、
・很有水平hěn yǒu shuǐpíng
・很有经验hěn yǒu jīngyàn
・很有本事hěn yǒu běnshi
・你家的孩子很有前途。Nǐ jiā de háizi hěn yǒu qiántú.


☆☆番組が本になりました!
『Podcastで学ぶ 中国語エピソード100』(同学社)
http://amzn.to/2pnd5nI

☆『中国語学習シソーラス辞典』(朝日出版社)
http://amzn.to/2pnkiV3

☆Podcast 『相原茂の中国語閑談』
https://itun.es/jp/e7Zn7.c

☆のぞいてね!
TECC公式ホームページ:http://www.tecc.jpn.com/


posted by 相原茂 at 18:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

【147】“参观”と“访问”ーー人かモノか




今回は、類語語の話です。
日本語の「訪問する」は中国語に訳すと、
“参观” cānguānと“访问” fǎngwènの2つの言葉があります。

まず、こちらの文を見てみましょう!
・(○)上星期,我们访问了一位老板。Shàngxīngqī, wǒmen fǎngwènle yí wèi lǎobǎn.
・(×)上星期,我们参观了一位老板。Shàngxīngqī, wǒmen cānguānle yí wèi lǎobǎn.


ここから2語の違いがみえてきますね。
〔参观〕学習や研究のために,ある場所を訪ねます。
例えば、
・参观学校cānguān xuéxiào
・参观图书馆cānguān túshūguǎn

〔访问〕目的を持って,ある場所にいる人を訪ねて話を聞きます。
例えば、
・访问老板fǎngwèn lǎobǎn
・访问校长fǎngwèn xiàozhǎng

つまり、“参观”の対象は「場所」、“访问”の対象は「人」となります。
ただし、例外もあります。
例えば、両方使えるケースです。
 A:参观农村 cānguān nóngcūn B:访问农村 fǎngwèn nóngcūn
 
けれど、意味の重点が違います。Aのほうは,農村における新しい取り組みや成果を学ぶために農村を訪れるわけですし,
Bのように“访问”をつかえば,やはり人に重点がおかれますから,村長や責任者に話を伺うという側面が強調されます。

もう一つ、場所なのに、“访问”を使う場合があります。

・ 安倍首相下周访问中国。Ānbèi shǒuxiàng xiàzhōu fǎngwèn Zhōngguó.

こちらの“访问”はかなり特殊で、まず単純に中国という「場所」を見るではなく、中国からの招待を受けて中国側の政治家と会談すること、当然、“访问”の主語も一般の旅行者や観光客ではありません。

147.jpg


☆☆番組が本になりました!
『Podcastで学ぶ 中国語エピソード100』(同学社)
http://amzn.to/2pnd5nI

☆『中国語学習シソーラス辞典』(朝日出版社)
http://amzn.to/2pnkiV3

☆Podcast 『相原茂の中国語閑談』
https://itun.es/jp/e7Zn7.c

☆のぞいてね!
TECC公式ホームページ:http://www.tecc.jpn.com/


posted by 相原茂 at 13:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

【146】“都”の使い方



大家好!

“都” のもっとも基本的な意味は「すべて、みんな」です。
“都”はその前方にある複数の意味を表わすものを統括し、まとめる働きをします。そのため、その前方にある語は複数の意味あいをもっていなければなりません。

例えば、(○)我们都是中国人。Wǒmen dōu shì Zhōngguórén.
    (×)我都是中国人。

従って、次のような場合は目的語を“都”の前に持っていかないといけません。
このとき、主語のS(=我)が単数でも問題ありません。
    (○)北京、上海我都去过。Běijīng、Shànghǎi wǒ dōu qùguo.
    (×)我都去过北京、上海。

ただし、例外があります。
疑問文の場合、“都”は前方ではなく、後方の「誰」「なに」「どこ」などを統括します。
例えば、
 A:你家里都有什么人?Nǐ jiāli dōu yǒu shénme rén?
B:我家里有爸爸、妈妈、哥哥、姐姐。Wǒ jiāli yǒu bàba、 māma、 gēge、 jiějie.

 A:你都去过哪儿?Nǐ dōu qùguo nǎr?
B:我去过北京、上海。Wǒ qùguo Běijīng、 Shànghǎi.

この場合,疑問詞によって問われていることを,すべて列挙するのが決まりです。


146.jpg-2.jpg



☆☆番組が本になりました!
『Podcastで学ぶ 中国語エピソード100』(同学社)
http://amzn.to/2pnd5nI

☆『中国語学習シソーラス辞典』(朝日出版社)
http://amzn.to/2pnkiV3

☆Podcast 『相原茂の中国語閑談』
https://itun.es/jp/e7Zn7.c

☆のぞいてね!
TECC公式ホームページ:http://www.tecc.jpn.com/


posted by 相原茂 at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする